記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アッパーブロック交換のこと

例の楽器の続きです。

アッパーブロックがこんな・・・残念な状態だったので、交換していきます。

41a6c36c11e265e6e8a2b047a2489db5_26f1d663ec18e00d924ba354399ebd65.jpg

まずアウトラインの型をトレースしてからブロックの残骸を取り除きます。

325d091d38cf2279b5727eec1c960e55_8f2c9723910eec971df5b854ee0dcdb5.jpg

ボタン部分も、恐らく製作された段階で裏板側が酷くえぐられていたので、簡易的な方法ではありますが直しておきます。

さて、新しいブロックの製作です。先ほど取っておいた型を元に整形していきます。裏板、横板の歪みも考慮に入れながら形を整えていきます。

1a7d89ea2e2e9fc27ed7980b8681eff2_7db1e52233f814de6fd193045bbfef72.jpg

以前紹介したロウワーブロック交換よりも、裏板、横板の歪みの調整がシビアな分難しい修理です。

e55abc71c2842c4c54483a4fccd4f483_46f6695f1150f6e9c618c657f4d6267e.jpg

顔料で色づけて完成。




posted by 藤井大樹
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Oki Fujii

Author:Oki Fujii
∼profile∼ ←click!

ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ、製作・修理・販売
お問い合わせはこちら

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

お問合せ