記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス香水の旅の続きの話

しっかし寒いですね日本…
今シーズンのクレモナはものすごい暖冬だったので日本の寒さには驚かされました
イキナリあの雪だもの、帰る国間違えちゃったかと思いましたよ

かと思えばこの寒さの中花粉のヤツは律義に舞ってるから困ったものです
思わず買いました、ji○sの花粉眼鏡、そしてマスク!!

やっと堂々と臆することなくマスクを着用できる日が来たわけです


実はクレモナ、というかイタリア、、というか欧米では
日本のように日常的にマスクを装備するという習慣がないのです

これには悩まされました…
日本よりよっぽど凶悪なんですクレモナの花粉…

留学した当初、普通にマスクして街を歩いたらまるでバイオハザードかのような扱いを受けました

とまぁそんなこんなでクレモナに比べれば
日本での花粉ライフはそこまで辛くはないんでないかなと期待しているフジイです






フランス香水旅行の続き…

観光もなんとなく終わりいよいよ香水「Violin」お披露目式典の準備なのです

mP9213471.jpg

mP9213488.jpg

こちらが会場

mP9213466.jpg

mP9200061.jpg

香水展示台も我々の手作りなのです
ベニヤを組んで石膏で表面をコーティングした後塗装、トドメに金箔でロゴをあしらっております
とにかくこの香水に対するマエストロの情熱は凄まじいものでした

mP9213481.jpg

こだわりといえばこの香水サンプルもなかなか…
実はこの式典の後実に3回以上パッケージをマイナーチェンジさせています
これはまぁこだわりというか、ちゃんと確認してから発注しなさいよっていう話なんですけど(苦笑)

mP9213500.jpg

さていよいよ始まります
左が我らがマエストロ、右側の方が調香師さんでございます

この香水のコンセプトはヴァイオリンの香り
といってもヴァイオリンそのものの匂いということではなく
ヴァイオリン」そのものの持つイメージを香りとして表現したかったんだそうです
なるほど、そう考えるとこれも一つのヴァイオリン作りと言ってもいいんだろうか…
マエストロの発想力と、なによりその行動力には毎度驚かされます

mP9213546.jpg

お!なんか光ってますよ!?
そうなんですこんなギミック付きなんです、IKEAのLEDライトを組み込んでみました

mP9213529.jpg

そんなこんなでグラースの夜は更けていきました

翌日はまっすぐクレモナには帰らずちょっと寄り道して帰ったのですが
それはまた次回



※もし香水に興味がある方はこちらに詳細がございます
violinfragrance




posted by 藤井大樹
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Oki Fujii

Author:Oki Fujii
∼profile∼ ←click!

ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ、製作・修理・販売
お問い合わせはこちら

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

お問合せ