記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末とか生牡蠣とか渦巻きとか

今週末は金土日とある音楽イベントに沸いていましたクレモナ
なんでも文学と音楽のコラボレーションがテーマだとかで、街のいたるところでコンサート
mP6023115.jpg

mP6023119.jpg

我家の前のレストランも便乗して特別メニュー、生牡蠣と黒ビール
mP6023104.jpg

そりゃなんてったってイタリアだもの、中ったりしたら洒落にならない、けどすげー美味そう…

え~いままよ!
mP6023109.jpg
うまし…

お蔭さまで腹は無事です

今年のクレモナはなかなか夏が優柔不断で、未だに衣替えも中途半端な状態なのですが、この日は割と良い天気
っちゅうわけで久々のドロミテのジェラート
mP6023123.jpg
今までいろんなお店でジェラートを食べてきましたが、ドロミテは間違いなくクレモナでは一番でしょう
夏場は隠しメニューで「抹茶」ジェラートとか振舞ってくれます、クレモナに来た時は是非お立ち寄りください


さて作業の方はヴァイオリンの渦巻き
モデルはガダニーニ
mP6033128.jpg
アンティーク仕上げにするので、スクレーパー、ヤスリは使わず、ノミだけで仕上げました
まぁこの後、すり減った感を出すために無情にも紙ヤスリで丸めちゃうんだけどね…
このときどこをどのくらいすり減らすかっていうのもアンティーク仕上げの重要なポイント
演奏中に触れる部分はもちろんですが、演奏してないとき、、例えばオケとかでの待機中や日ごろ演奏者が癖で触りがちな所なんかを色々と観察して、実際に古い楽器と照らし合わせながら削って行きますが、これはまた次の機会に…


今日はペグボックス彫って終わり
mP6033126.jpg





posted by 藤井大樹
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Oki Fujii

Author:Oki Fujii
∼profile∼ ←click!

ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ、製作・修理・販売
お問い合わせはこちら

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

お問合せ