記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪趣味とでもなんでも言うがいいさぁ!

どうすかこの表板
P4130096.jpg
病的なまでにハ―ゼが入っております

※ハ―ゼ…表板の木目にもやもやと入った模様のことで、一般的に美しいとされています(嫌う人もいます)、音響的には諸説ありますが、この部分は木材の密度が高いので良いという意見が多いようです。「ハ―ゼ」はドイツ語、イタリア語では「マスキアトゥーラ」といいます。日本ではハ―ゼのほうが一般的。

5年前の僕は何を思ってこの木材を買ったのでしょうか
いつまでも放置しておくわけにもいかないので意を決して今回使ってみる事に…
ハ―ゼ材は加工が非常に難しいので心して挑みますよ

ちなみにモデルは懲りずにガダニーニ
P4060087.jpg
前回初ガダニーニで学んだことも多かったので
今回はさらに突き詰めて行こうと思ってます

ところでこの下に敷いてある大理石の板ですが
以前大理石の産地であるカラーラという町で演奏した時
その街の市長さんからプレゼントして頂いたものです
完璧な平面が出ているので制作のあらゆる場面で重宝します
P4060083.jpg

なんと名前まで彫りこんで頂いきまして
気持ちは大変ありがたいんですが、正直作業にはちょっとオジャマ虫…P4060089.jpg
うまいこと剥がして表札とかにできないかしら?
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Oki Fujii

Author:Oki Fujii
∼profile∼ ←click!

ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ、製作・修理・販売
お問い合わせはこちら

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

お問合せ